【短編小説】夏祭り⑬

八代神社の境内から、花火大会の花火を観る事になった、ハヤトとサツキであるが
二人は幼い頃、一緒に花火をした時の事を思い起こし、こんな会話を交わしたのだ

「ハヤトくん…」「昔、一緒に花火した事、覚えてる…」
こうサツキがハヤトに言うと、ハヤトはサツキに

「サツキ、覚えてるよ…」「一緒に線香花火、競争したよなぁ…」
ハヤトはこう、サツキに向かって言ったのだ

其の時、サツキは嬉しそうに、ハヤトにこう話し掛けた
「ハヤトくん、いっつもムキになって…」「負けたらもう一回、勝負だって言ってたよねぇ…」

此のサツキの言った勝負とは、線香花火の火の玉が
どちらが長く、最後まで落ちずに居るかと言う事を、言って居たのだ

そんな話を、二人で暫くして居ると
二人の目の前に、天高く大きな花火大会の花火が上がった

此れを観てサツキは、ハヤトにこう言葉を掛けた
「ハヤトくん…」「ハヤトくんとふたりで、花火が観られて良かった…」

此のサツキの言葉を聴いたハヤトも、今観ている花火と
幼い頃、サツキと一緒に線香花火をした時の事を重ねて

サツキの事を、とても愛おしく感じたのだ
しかしハヤトはサツキに、自分の此の気持ちをサツキに悟られまいと

自分の心の中に、此の感情を押し込めたのであった

つづく…