【短編小説】夏祭り⑧

金魚すくいの勝負で、サツキに負けたハヤトは
サツキにあんず飴をご馳走する為、二人であんず飴の屋台へと向かった

其の途中、ハヤトのスマホの着信音が鳴ったのだ
ハヤトは慌てて自分のスマホをポケットから取り出し、そして見て観る事にしたのだ

すると「LINE」のメッセージで有る事がわかった
ハヤトが其の内容を確認すると

八代神社の一本杉で約束して居た、友達からの連絡で有る事がわかった
ハヤトが其の内容を読むと、次の様な内容だった

「ハヤト、約束の18時過ぎてるぞ…」「早く来いよ…」「連絡待ってるからな…」
こう書かれてあったのだ

此の様子を観て居たサツキは、ハヤトに向かってこう言ったのだ
「ハヤトくん…」「もしかして今日のお祭り、友達と約束してたのかなぁ…」

サツキがハヤトに向かってこう言うと、ハヤトはサツキの方を向いて、こう答えたのだ
「ごめんサツキ…」「実は友達のユウタと、花火大会の約束を…」

こうハヤトがサツキに言うと、サツキはハヤトに向かって
「ハヤトくん…」「わたしも一緒に行って、いいかなぁ…?」

サツキは、そうハヤトに答えたのだ
ハヤトはとても焦った、そしてどう答えたら良いのか迷ったのだ

しかしあんず飴の件もあり、断る事が出来ず
一緒に八代神社の一本杉へと、向かう事になったのであった

つづく…