【短編小説】夏祭り⑦

サツキと金魚すくいの屋台で、金魚すくいの勝負をしたハヤトは
サツキに良い所を魅せようと、デメキンばかり掬って居たのだ

しかしハヤトは、なかなかデメキンの金魚を掬う事が出来ず
サツキとの勝負で、一匹の金魚も掬えずに

とうとうハヤトの網(ポイ)は破れてしまった
そしてハヤトは残念そうに、サツキにこう言ったのだ

「ちっくしょー」「此のデメキン、活きが良すぎるよ…」
こうハヤトが、サツキに向かって話し掛けると

其れを観ていたサツキは、ハヤトに向かってこう言ったのだ
「ハヤトくん…」「ハヤトくん、調子に乗って、デメキンばかり掬ってるんだもん…」

こうサツキがハヤトに、笑いながら言ったのだ
するとハヤトはサツキに向かって、こう言い返した

「おっかしーなぁ…」「昔はもっと、上手かったんだけどなぁ…」

ハヤトがサツキにこう言うと、サツキはすかさず
「ハヤトくん…」「金魚すくいの約束、覚えてるよねぇ…」

こうハヤトに向かって、言ったのだ
ハヤトは悔しかったが、サツキとの金魚すくいの勝負に負け

サツキにあんず雨を、ご馳走する事になったのだ
こうして二人は、あんず飴の屋台の方へと向かったのであった

つづく…