【短編小説】夏祭り⑤

サツキと一緒に、金魚すくいの屋台へと向かったハヤトは
屋台まで来ると屋台のおじさんに、こう話し掛けた

「すいません…」「ふたり分の網(ポイ)を…」
こうハヤトが屋台のおじさんに話し掛けると、屋台のおじさんはハヤトに向かって

「お、若い衆」「今日は彼女とデートか…」
そう屋台のおじさんは、二人に向かって言ったのだ

その時、ハヤトは何と答えたら良いか迷った
するとサツキは、屋台のおじさんに向かってこう答えたのだ

「わたし達、幼馴染なんです…」「今日は昔みたいに、デートかな…」

サツキの此の言葉を聴いたハヤトは
サツキが自分の事を幼馴染として見ているのか

其れとも、ひとりの男性として見ているのか、とても気になったのだ

そして屋台のおじさんから渡された
金魚すくいの網(ポイ)と椀を、ハヤトがサツキに手渡すと

サツキはにっこり笑い、嬉しそうな顔をしたのだった
其のサツキの表情を見て、ハヤトはサツキにこう言ったのだ

「よーし、サツキ…」「昔みたいに、金魚すくい勝負だからなぁ…」

そうハヤトがサツキに言うと、サツキもハヤトに向かって
「わたしも、ハヤトくんに」「負けないんだから…」

此の時、ハヤトは幼い頃にタイムスリップしたかの様な錯覚に陥ったのであった

つづく…