【短編小説】夏祭り②

友達と約束した花火大会に向かう途中
僕は幼馴染の女の子と遭遇した

そして彼女から声を掛けられたのだ
彼女の名前はサツキ、小学生時代からの幼馴染だ

サツキは花火大会の今日、浴衣姿に草履を履いて来ていたのだが
草履の鼻緒が切れ、僕に助けを求めて来た

彼女の視線を感じた僕は、頭の中が真っ白になりながらも
彼女の方へと人混みを掻き分け、近づいて行ったのだ

するとサツキからこんな言葉を掛けられた
「ハヤトくん、久しぶり…」「わたしの草履の鼻緒が…」

そう言うとサツキは僕に、自分の履いていた片方の草履を、僕に手渡したのだ

僕は草履の切れた部分を観て、サツキにこう言った

「サツキ…」「慣れない草履、履いて来るからだよ」「しょーがない…」

こう言って僕はポケットからハンカチを出し、鼻緒の切れた部分を直していたのだ

その間、サツキの右手が僕の左肩に寄りかかり
僕の心臓の鼓動はドキドキしていたのだ

そして此の鼓動をサツキに気づかれないか
僕は気が気ではなかった

つづく…