【短編小説】夏祭り①

今でも忘れられない
あの夏の日の出来事を

僕は今でも思い出すんだ
そう、あれは高校三年生の頃の出来事だ

何時もの僕は友達誘われ
近所で行われる花火大会へと向かった

お祭りの屋台でごった返すひと達を尻目に
僕は友達と約束した、八代神社の一本杉へと急いだ

其の途中で僕は、同級生の女の子を見かけたんだ
その子は僕と幼馴染の女の子で

僕と違って友達皆んなから慕われ
皆んなが憧れる、そんな存在だった

だから僕は、同じ高校に通って居たけど
高校に進学してからは、話し掛けるのにちょっと悪い気がしたんだ

今日は花火大会でお祭りと言うこともあり
彼女は浴衣に草履姿と、いつにも増して艶やかな姿だった

すると彼女の草履の鼻緒が切れ
困った表情を彼女は浮かべて居た

僕は彼女に声を掛けていいのか迷った
そんな彼女は僕を見つけて

救いを求める眼差しをしたんだ
僕は胸がドキドキして

頭が真っ白になってしまった

つづく…