【「願望」と「欲望」の意識の違いから?】

辞書で調べると、「願望」とは願い望むこと。
と書いてある。つまり神頼み的だ。

一方、「欲望」とは欲しいと思うこころと書いてある。
つまり、自分の不足を満たそうと望むこころである。

「性的」「物的」「金的」意味合いが強いのは「欲望」になるであろう。

話を元に戻すと、どちらも望んでいるのは漢字からもわかるが。
片方は願掛けであり、「神頼みの望みである」。
しかし「欲望」を想像すると、エロティックに考えを膨らませる人が多いのも自然であろう。

人は、妄想や想像の域を超えなければ、犯罪や罪にはならない。
今のところは・・・

まぁー、十数年前のマトリックスの映画の世界では、記憶の仮想現実と現実の区別がわからなくなってしまい、何が本当で何が現実だか区別がつかなくなってしまったのだが…

何を言いたいかと申しますと、「善・悪」の区別や自分の言動を全て押し殺して、自分の中に抱え込んでいる人ほど、その負のエネルギーは巨大化し、いつの日か風船が破裂するかの如く、そのエネルギーを一瞬にして外に吐き出してしまう人がいるかも知れません。

ガス抜きを出来る人は、うまく自分をコントロール(マネージメント)しているのかも知れませんが、耐えに耐え、その兆候を見逃すと、とんでもない怪人をつくりあげているのかも知れません。

マトリックスは映画の世界であるが、時代が進めば人のこころをも読み取ることが可能になる日も、
そう遠くないのではないだろうか…

今、自分の頭の中で完結している情報は読み取られることはないであろう…
だが、思想の自由などが時代とともに奪われるおそれは、認識しておくべきではないだろうか…
自分で感じたこと、思ったことを素直に表現できなくなってしまったり、空気が読めない人…
自分もか?!

LD(学習障害)とかADHD(注意欠陥多動性障害)とか増えているとは言うものの、よっぽどそっちのほうが純粋だったりするのかも知れない…
ある意味、自分を正当化しているのであるが(笑)