【声劇台本】カタオモイの詩♪

【声劇台本】カタオモイの詩♪

《自分でやってみましたので、ご参考にどうぞ》

【以下台本】

《カタオモイ》

「君には好きな人がいるってことは、知ってます」
「でも …」「会いたいって気づいてよ 」

「こんなに大好き…」「ですな…」
「貴方の傍にいたい」「静かに…」

「言葉と風に吹かれながら」
「ときどき横目で見つめて…」

「彼女がいる貴方が大好き」
「そんな私はバカです、か…?」

「なら、私は一生バカなままでいいです…」

「貴方のことが大好きです」「だから尽くしたい 」
「でもね、君しか見えない私って…」

「君にとっては、要らない子…」
「君にとっては、要らない子…」
「君にとっては、要らない子…」

「になんてさせないから…」

【声劇台本】Secret base〜君がくれたもの〜♪

【声劇台本】Secret base〜君がくれたもの〜♪

《自分でやってみましたので、ご参考にどうぞ》

【以下台本】

《Secret base〜君がくれたもの〜》

「もうすぐ夏休みが終わり」
「二学期が始まろうとしている」

「僕は君と過ごした、学生時代を思い起こす」
「君は僕の通う、同じ学校に転校して来たよね」

「そして同じクラスになった君は」
「僕の隣の席へと座り、机を並べたね」

「君は都会から転校して来たから」
「その当時の僕は、君に憧れていたのかも知れない」

「僕は君の何処に惹かれたのだろう…」
「君の笑顔、仕草、そして聲…」

「僕には全てが新鮮だった」
「そんな君は今は居ない」

「そう君は、この田舎からまた都会へと」
「引っ越ししてしまったんだ」

「僕に何も告げず」
「君は都会へと、引っ越ししてしまった」

「君と一緒に聴いた懐かしい音楽」
「君から借りたCDを、返すことも出来ずに」

「僕は今、大人になり君から借りたCD」
「『Secret base 〜君がくれもの〜』を返しに行く」

「最高の思い出を、ありがとう…」

【声劇台本】名もなき猫の詩♪

【声劇台本】名もなき猫の詩♪

《自分でやってみましたので、ご参考にどうぞ》

【以下台本】

《名もなき猫》

「僕は名もなき猫」
「孤独と愛嬌の無さが唯一の自慢だ」

「そんな僕に毎日話しかける少女がいた」
「その少女もまた、孤独と愛嬌の無さが唯一の自慢らしい」

「少女はいつも僕の隣で話しをする」
「暑いだの寒いだの、まるで興味のない話ばかりだ」

「ある日、少女は言った」
『友達になりませんか…?』

「笑えるぐらいに不安そうな顔をするものだから」
「返事代わりにそっと手を舐めてやると」「顔をくしゃっとして幸せそうに笑った」

「月日は流れ、二人で過ごす日々が当たり前となった頃」
「彼女は天国へと旅立った」「あの時と同じ幸せそうな顔で」

「僕は消えゆく彼女の温もりを感じながら静かに泣いた」
「愛を知ってしまった無慈悲な世界に訴え掛けるかのように…」

【声劇台本】先輩と夕立ち♪

【声劇台本】先輩と夕立ち♪

《自分でやってみましたので、ご参考にどうぞ》

【以下台本】

《先輩への想い》

「何時の日だろう…」
「先輩との夏の日の出来事」

「そう、あれは忘れもしない…」
「先輩と私の、夏の日の出来事である」

「私はあの日、夏休みの部活動を終え」
「そして学校から家に向かって、帰る途中であった」

「その途中、空が真っ暗になり」
「突然、夕立ちが降りだしたのである」

「私は慌てて、近くの軒下で、雨宿りをしていると」
「先輩も慌てて、私の居る同じ建物へと舞い込んで来た」

「そして先輩は、私にこう言ったのだ」
『僕の傘で、一緒に帰りませんか…?』

「突然の先輩からの申し出に、私は舞い上がって居たのかも知れない」

「その時、咄嗟に私の口から出た言葉は」
『私で、良いんですか…?』

「すると先輩は、恥ずかしそうにこう告げたのだ」
『僕とじゃ、嫌だったかなぁ…?』

「私は慌てて、先輩にこう言い返した」
『私で良ければ、お願いします…』

「こうして二人は雨の中、相合傘で家に向かったのである」

「その後の先輩と私の恋の行方は」「夏の日の入道雲が過ぎ去った後のよう」
「晴れ晴れと、晴れ渡って居たのだろうか…」

【声劇台本】愛相傘♪

【声劇台本】愛相傘♪

《自分でやってみましたので、ご参考にどうぞ》

【以下台本】

《僕の気持ち》

「君と初めてした相合傘」
「それはノートに書かれた、僕だけの甘酸っぱい傘」

「書いては消して…」「書いては消して…」

「届いて欲しいと願う気持ちは、いつも…」
「臆病な自分に、邪魔をされてしまう…」

「知らないよね…?」

「君の笑顔で、幸せになっている事も…」
「君の声で、胸が締め付けられている事も…」

「手を伸ばせばいつだって、触れられる距離なのに…」
「君の心だけには、近づくことも叶わない」

「今日は雨…」

「傘を忘れてきた君が、困った顔をして笑っている」「悩んで苦しんだ瞬間が…」
「もし、勇気へと繋がる一歩になるなら」「臆病な僕を、今日だけはお休みにしよう…」

「二人の名前が書かれたノートを、そっと閉じたら」
「握りしめた傘を、君の元へと届けるんだ」

「君へだけの…」「この想いをのせて…」

【声劇台本】兄妹喧嘩♪

【声劇台本】兄妹喧嘩♪

《自分でやってみましたので、ご参考にどうぞ》

【以下台本】

《コラボ完成バージョン》
♠️お兄ちゃん(古畑)
❤️妹ちゃん(古畑)

《兄妹喧嘩》

♠️「あー暑い、汗掻いた」「風呂沸いたか、俺が先に入ろっかなぁー」
❤️「駄目だよ、お兄ちゃん」「私が先に、入るんだから…」

♠️「何だよ…」「早い者勝ちだろ…」
❤️「『レディーファースト』って言う」「言葉あるでしょ…」

♠️「兄妹で俺がお前に」「『レディーファースト』って、言えるのか…?」
❤️「失礼ね…」「此れでもわたし、クラスで一番モテるんだから…」

♠️「わかった、わかった」「風呂沸いたから、早く入れよ…」
❤️「お兄ちゃんは此れだから」「学校でモテないでーす!」

♠️「うっせーな」「お前を好きになる奴って、ホントに居るのかよ…?」
❤️「お兄ちゃん」「お兄ちゃんみたいに、デリカシーの無いひとって」「ダサダサで、モテないんだから…」

♠️「お前、言ったなぁー」
❤️「お兄ちゃんこそ」「風呂、覗かないでよ…」

♠️「お前…」「お前、観られて困るボディしてるのか…?」
❤️「ひっどーい」「最低…」

【声劇台本】青春♪

【声劇台本】青春♪

《自分でやってみましたので、ご参考にどうぞ》

【以下台本】

《青春時代を振り返り》

「青春って、いったい何だろう…」

「そんな答えのない問題を、真剣に悩んでいたあの頃」「夢や希望を与えてくれるのは、何時も根拠のない自信ばかり」
「でも、その根拠の無いもの全てが、僕に勇気と可能性を与えてくれた」

「そう…」「そこには無限に広がり続ける、世界があったんだ…」
「だけど、何時からだろうか…」

「今ある全てのものが、当たり前となり」
「自分の心を満たす事が、出来なくなってしまったのは…」

「信じて居たはずの自分さえも否定し、投げだす日々」
「情熱が諦めとなり、諦めがいつしか無関心へと変わっていく…」

「青春と現実」

「あまりにも掛け離れた存在に、涙も出ない自分がここに居る」
「でも、だからこそ思うんだ」

「あの日、答えの無い問いに悩み」「苦しんだ、瞬間こそが紛れもない」「青春だったのだと…」

「そう、僕は思って居るんだ」

【短編小説】夏祭り⑮(最終回)

幼い頃、二人で観た長岡の花火大会の話をして居たハヤトとサツキは
其の当時、ハヤトがサツキに言った言葉を、サツキは覚えていてくれたのだ

そして其の時のハヤトの気持ちが、今でも変わって居ないか、サツキはハヤトに確かめたのだった

ハヤトはサツキが、自分に対する好きだと言う感情が有る事を、確認する事が出来た
すると自分の中に押し込めて居た感情が、言葉として溢れ出たのだ

其の言葉とは
「サツキ、俺もだよ…」「今でもサツキの事、好きだよ…」

此の言葉であった
満天の夜空を染めあげる花火が、二人を照らし

其の輝きと音で、二人の心は突き動かされ
鼓動となって鳴り響いた

もう言葉にする必要も無い、二人は時折見つめ合い、そして花火を眺めて居たのだ

此の夏の花火大会から、ハヤトとサツキの恋は再び始まった
だが、サツキは都会の大学に進学してから、ハヤトとサツキは次第に、連絡を取る事も無くなって行ったのだ

そしてハヤトは親の家業を継ぎ、今では地元の新潟市で、小料理屋を営んで居る
友達の話によると、サツキは東京の大学に進学し、今では結婚して子供も居るらしい

そんなサツキは、僕に初恋を教えてくれた大切な想ひでの女性として、今でも僕の心のアルバムの中にあるのだった

終わり

【短編小説】夏祭り⑭

八代神社の境内から、花火大会の花火を観て居たハヤトとサツキは
花火を観ながら、こんな会話を交わしたのだ

「ハヤトくん…」「昔、一緒に観に行った花火大会覚えてる…?」
こうサツキがハヤトに言うと、ハヤトはサツキに向かって、こんな言葉を言った

「サツキ…」「もしかして、長岡の花火大会に行った時の話…?」
ハヤトがサツキにこう言うと、サツキは嬉しそうに、ハヤトにこう言葉を発した

「ハヤトくん…」「あの時、ハヤトくんが、わたしに言ってくれた事、覚えてる…?」
こうサツキがハヤトに言葉を掛けると、ハヤトはサツキに向かって、こんな風に言ったのだ

「サツキ…」「昔の事だから、覚えて無いよ…」
ハヤトはこうサツキに惚けたのだった

するとサツキはハヤトに向かって、こんな事を言った
「ハヤトくん…」「あの時、ハヤトくんからの気持ち」「今でもわたし、同じだから…」

此の言葉を聴いたハヤトは嬉しくなり、ハヤトもサツキにこう言ったのだ
「サツキ、俺もだよ…」「今でもサツキの事、好きだよ…」

こうハヤトは自分の気持ちを、サツキに伝えたのであった

つづく…

【短編小説】夏祭り⑬

八代神社の境内から、花火大会の花火を観る事になった、ハヤトとサツキであるが
二人は幼い頃、一緒に花火をした時の事を思い起こし、こんな会話を交わしたのだ

「ハヤトくん…」「昔、一緒に花火した事、覚えてる…」
こうサツキがハヤトに言うと、ハヤトはサツキに

「サツキ、覚えてるよ…」「一緒に線香花火、競争したよなぁ…」
ハヤトはこう、サツキに向かって言ったのだ

其の時、サツキは嬉しそうに、ハヤトにこう話し掛けた
「ハヤトくん、いっつもムキになって…」「負けたらもう一回、勝負だって言ってたよねぇ…」

此のサツキの言った勝負とは、線香花火の火の玉が
どちらが長く、最後まで落ちずに居るかと言う事を、言って居たのだ

そんな話を、二人で暫くして居ると
二人の目の前に、天高く大きな花火大会の花火が上がった

此れを観てサツキは、ハヤトにこう言葉を掛けた
「ハヤトくん…」「ハヤトくんとふたりで、花火が観られて良かった…」

此のサツキの言葉を聴いたハヤトも、今観ている花火と
幼い頃、サツキと一緒に線香花火をした時の事を重ねて

サツキの事を、とても愛おしく感じたのだ
しかしハヤトはサツキに、自分の此の気持ちをサツキに悟られまいと

自分の心の中に、此の感情を押し込めたのであった

つづく…